人気ブログランキング |

カテゴリ:料理本( 4 )

甘酒

お正月に神社で飲むイメージが強い「甘酒」ですが 最近ではスーパーでもよく見かけるようになり
季節問わず簡単に手に入るようになりました。
年が明けて酒屋さんに酒粕を頂きました さっそく甘酒を作ってみました

先日、甘酒の話題がインターネットに載っていて甘酒には2種類あることを知りました

甘酒は大きく分けると、「酒粕に砂糖を加えて作ったもの」と「米麹を発酵させて作ったもの」の
2種類があるみたいです
それに酒粕の場合には砂糖を加えていますが、後者は砂糖が加わらずに甘味が出ています
甘さの違いもあるんですね
「酒粕から作られた甘酒」にはアルコールが含まれていますが、「米麹を発酵させた甘酒」にはアル
コールは含まれていません。

それに甘酒の中でも「米麹を発酵させた甘酒」は、「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高いドリンクだと
言われていま3つの効果があるそうです
●お腹の調子を整える
●風邪予防
●美肌効果&ダイエット

酒粕甘酒の材料(3~4杯分)

酒粕 100g (板粕)
水 500cc
砂糖 大さじ3
塩 1つまみ
生姜 お好みで (すりおろしまたは搾り汁)

酒粕甘酒の作り方

1:鍋に酒粕と水を入れる
鍋に酒粕と水を入れる
鍋に酒粕と水を入れて、半日~丸一日放置する。2時間ほど経ってかき混ぜると、簡単にほろほろ崩れるので、気がついた時に混ぜておく。
粕が大きければ手で適当に千切る。すぐに火にかけてしまうより、水に浸して置いた方が、とろ~り
まろやかな味わいになる。

2:加熱して、砂糖と塩を加える
加熱して、砂糖と塩を加える
b0069366_1624933.jpg

by china_seiko | 2016-01-16 16:02 | 料理本

飲酒は適度な量で

b0069366_7191598.gif


 「酒は百薬の長」と言う通り、
適度な飲酒はストレス発散に効果があると言われています。
しかし、言うまでもありませんが、飲みすぎは百害あって一利なしです。
 特に注意をしたいのは男性高齢者で、定年退職や配偶者との死別を経験すると、
それがきっかけで飲酒量が急増するケースが少なくありません
 厚生労働省のガイドラインによると、”節度ある飲酒量”とは、ビールの
場合なら中瓶1本、日本酒は1合、チューハイは350ml缶1本、ウィス
キーならダブル1杯程度とされています。しかし、高齢者はアルコールを
分解してくれる内臓の力が弱っているため、これよりもさらに少なくする
ことが望まれます。
 高齢になると寝付きが悪くなるため、睡眠薬代わりにお酒を飲む人がいますが、
かえって睡眠が浅くなって熟睡できなくなり、飲酒量も次第に増えて
いく傾向があります
 酔っ払って転倒や失禁をした経験がある場合、アルコール依存症の可能性
もあるため、専門医のアドバイスを受けるようにしましょう
 お酒はほどほどに
by china_seiko | 2013-03-09 07:16 | 料理本

最近とウイルスの特徴

細菌とウイルスの特徴
  平成22年に発生し、原因物質が判明した食中毒のうち、発生件数の約50%が細菌、
約35%がウイルスによるものでした。これた微生物の特徴を理解し、食中毒の予防に役立てましょう

b0069366_73541.jpg

by china_seiko | 2012-06-03 22:31 | 料理本

食中毒の話

 年に一回の食品衛生講習会があり出席してきました。これからの時期は食中毒が多くなります
そこで 講習会で使用したテキストに書いてあった事を掲載します
 食中毒は細菌などの微生物や有害な物質を含む飲食物を食べておきる下痢・腹痛・おう吐などの
健康被害をいい、その原因物質に次のように分類できます

食中毒の分類
b0069366_7244495.jpg

by china_seiko | 2012-06-02 22:18 | 料理本


西湖の台所事情


by china_seiko

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月